なんてことないぶろぐ。

関ジャニ∞のファンに最近なりました

変わっていくみんなが好き

 

 

 

わたしが関ジャニ∞を知る&好きになるきっかけになったのは去年、2016年の3月20日のジャニ勉。

それまでは「洋楽、洋画、2次元」にどっぷり。ようやく日本の俳優にも興味が出てきたところで、

「邦楽なんて聴きたくない。特にジャニーズなんて~(ファンに刺されそうな言葉)」

なんて思っていた私の凝り固まった世界は360°ありとあらゆる方向に広がった。

 

 

関ジャニ∞の何が好きか?と聞かれると、見た目のかっこよさ、メンバーの仲の良さ、面白さ、バンドなど沢山出てくるけれど、

私の中で1番大きい部分は「楽曲、歌」なのではないかなと思う。歌はアイドルに欠かせない部分だからこそ、そこが自分と合わないとこんなに好きになることはないと思う。

好きになった当初、私に一番刺さったのは大阪レイニーブルースとall of me for youだった。初期の楽曲がたまらなく好きだった。

 

さて、私が関ジャニ∞に興味を持って一番はじめに買ったDVDはSpirits!!だ。

理由は「中古で一番手軽な値段で手に入ったから」なのだが、これまた初期のDVDである。

私が知った関ジャニ∞は10年以上前の姿だった。

 

その後、他の楽曲も好きになり、他にもコンサートのDVDを購入したり、人生で初めてコンサートに参戦したりしたのだが、やはり新規がぶち当たるのは

「なんでもっと早くファンにならなかったのだろう」

という深い闇である。(ぶち当たらなかった方は羨ましいです。)

これは誰にも解決出来ない。一生背負うことになる闇だと思っている。

過去の映像を年を追って見る度に様々な成長と変化を遂げていく関ジャニ∞を見ていると、全ての瞬間がかけがえのないものに感じる。

レイニーブルースも歌わなくなってしまった。

やすばのdesireなんて、すばるくんが気を翻さない限り一生聴くことが叶わない。

 

めちゃくちゃ悩んだ。

なんで好気で楽しいファンなのにこんなに悩んでるんだろう。

1年悩んで、最近やっと結論が出た。

 

それは、今の関ジャニ∞が好きだということ。

当然のことだけれど、今のエイトが一番好きだ。

今までの過程を全部経て、常に変化していく関ジャニ∞が好きだ。

今が一番好きなのに今に留まってくれないところが好きだ。

人間は変わるし変わらないと思う。変わらないで、と願っても変わっていくのが良さなのではないかと思う。

逆に全然変わらない部分が確かにある所がたまらなく尊い

だから、「変わらないで」と発言している人が少し苦手だ。

 

常に変化を望む関ジャニ∞ってめっっちゃくちゃかっこいいよ!!

 

 

 

(とは言っても、わたしはすばるくんにはいつまでも下手くそなダンスを踊っていてほしいと願ってしまうのであった。笑)