振動する世界

カタカタカタカタ…というのは、カトラリーが小刻みに皿のふちに当たる音です。 私が声を発するのと同時に鳴ったドラムロールようなテンポの軽快な音色は、いっそ間抜けですらありました。 周りはこちらを気にしたかもしれないし、あるいは(幸運なことにこう…

これ

辺り構わずふとした瞬間にこれはやってくるので、どうにか何処か知らない住宅街の路地の隅っこにポトンと置き去りにしてしまえないかと、朝から長い散歩に出たりしましたが、どうにもなりませんでした。 今日はすっかり春の陽気で良い散歩日和でしたし、以前…